お化粧

お化粧は全て本格的な水化粧です。
水化粧とは日本の古典化粧のことです。これは、びんつけ油を化粧下地に用い、練りおしろい、お粉、紅などで仕上げていきます。よく「白塗り化粧は厚塗りでお肌に悪いのでは?」というお声を頂くことがありますが、それらのお化粧品は自然素材にこだわって厳選しておりますし、お肌に優しいのが特徴ですので心配ございません。
例えば、毎日水化粧をしている舞妓さんや芸妓さんのお肌が美しい理由の一つは、びんつけ油を使っているからです。これを下地に使う事で、時間が経つほどにしっとりと輝きが増していくのです。扱いの難しいびんつけ油で丁寧に下地を作ってから、練りおしろいを何層にも重ねて、深みのある美しい白を出していきます。カラーを使う部分には、日本古来の化粧品だけでなくMacやbobby brownなどの発色が美しい現代の物も使って深みのある目元や色気のある眉を描くように工夫しています。
でも、水化粧も普段のお化粧も基本は同じ。「目を大きめに、マスカラはたっぷり」などお客さまのご要望にお応え致します。衣裳に合わせてお化粧は違ってきますが、何より、【お客さまをより一層美しく】をモットーにしております。

かつら

 かつらは今でも時代劇や舞台を中心に手掛けておられる老舗「山崎かつら」製のものを使用しています。半かつらと全かつらがございますが、お客様のお顔にぴったり合うものを一緒にお選びして、違和感のないように仕上げていきます。
半かつらは、地毛の前髪とサイドの髪を使うのでとてもナチュラルな仕上がりになります。少しお時間は掛かりますが、より本格的なかつらを体験して頂くため、まず地毛を巻いて、丁寧に梳きつけていきます。こうすることで、まるで地毛結いの舞妓さんのような仕上がりになります。
全かつらは羽二重を使用するのでお顔全体をリフトアップする効果があります。これを使われているお店は少ないと聞きますが、この効果は絶妙で、目じりがピンと張ってよりお客様のお顔が凛と引き締まり美しさが際立ちます。かつらのラインを気にされる方が時々いらっしゃいますが、ほとんど目立たないのでご安心して選んで頂けます。

着付け・お着物

 衣裳はすべて別染め、別誂えです。  着物一枚作るのにも、時代に応じた生地選び、柄選び、染め色選びまでとても重要な要素ばかりです。吉川観方著の「日本女装史」や井筒雅風著の「日本写真風俗写真図録」を参考に風俗史を研究して、時代考証を大事にしながら衣裳作りに励んでいます。
 また、よく舞妓さん変身用の着物として現代の振袖を使われているのを見かけますが、時代やではそのようなものは一切使わず、舞妓さんや芸妓さんの帯には西陣織、花魁の掛けには総刺繍、染めは京友禅など、それぞれのこだわりを大切に守って一から作っております。柄行きを見て頂くと、現代の振袖にある模様でなく全て古典柄であることや、十二単や男物の装束(直衣や狩衣)は有職紋を使っていることなどお気づき頂けることも多いかと思いますが、着て頂く衣裳を眺めるだけでも本物の素晴らしさを体感して頂きたいと思っております。映画や歌舞伎の世界の衣裳へのこだわりを常に意識して、お客様が少しでもそんな「スターの世界」に近い気分を味わって頂きたいと思います。

 着付けはすべて時代や代表であり、時代衣裳演劇コーディネーターの中川喜照指導の下、匠の技で着付けさせて頂きます。舞妓の帯は、もちろん本結び。芸妓は角出しや重箱など、着物やかつらによって結び方を変えてゆきます。「結びには魂が宿る」と昔から言われていることをスタッフ一同しっかり心に留め、帯はもちろんのこと、腰紐一本結ぶにも、気持ちをこめて結ぶ、いつもそんな気概でおります。

写真撮影

 京都で最も新しく、そして洗練されたスタジオを完備しております。どんな撮影にも対応出来るよう、永年培って参りました技術を駆使し、本格的な出力機材やカメラを用いて高画質で臨場感のあるお写真に仕上げていきます。つまり、様々なお好みのシーンを最も美しい状態のお写真としてお客様へお渡しさせていただくことができます。
 撮影でのポーズには特にこだわりがあり、舞妓さんの歩く姿、お扇子の持ち方や踊り傘を差しているところなど古典的なポーズはもちろんのこと、お客様それぞれの美しい表情を引き出すことを重視して念入りにポージングの上撮影致します。
さらに、写真を撮ってそのままプリントするのではなく、永年培って参りました独自の技術を駆使して補正し、よりお客様お一人お一人の美しさを引き出し、ベストな状態でお渡し致しております。

ページの先頭へ